Qlik便利関数:欠損値をゼロ埋め

欠損値に0を入れてくれる便利関数です。複数の変数がある場合は、スペースで区切ります。区切るスペースは1個でも複数個でも大丈夫です。

call Benri.NulltoZero('テーブル名', '変数1 変数2  変数3');

といった感じで使います。変数1/変数2/変数3それぞれの欠損値を0に変換します。

使い方

以下の「benri.txt」をダウンロードして、適当なところに保存してください。

サンプルプログラム

ダウンロードしたbenri.txtを c:\temp に保存して実行してみてください。

//便利関数の読み込み
$(Include=C:\temp\Benri.txt);

//テストデータ
testdata:
	load		prod, ym
			  , if(a1='', Null(), a1) as amt1
			  , if(a2='', Null(), a2) as amt2
	Inline [
		prod, ym  , a1, a2
		魚, 201901, 10, 10
		魚, 201902, 20, 
		魚, 201903,   , 30
		魚, 201904, 40, 
		魚, 201905, 50, 50
		魚, 201906, 60, 60
	]
;

//使用例
call Benri.NulltoZero('testdata', '   amt1   amt2   ');

仕様

以下のようなサブルーチン内容です。
構造はいたってシンプルですが、引数(__vars)にスペースが複数個あった場合の処理で結構手間取ってます。


sub Benri.NulltoZero(__tbl, __vars)

	//左右の無駄なスペース除去
	let __vars = Trim('$(__vars)');
	
	//スペースを1つにする
	let __x = Index('$(__vars)', '  ') ;
	do while __x > 0
		let __x = Index('$(__vars)', '  ') ;
		let __vars = Replace('$(__vars)', '  ', ' ');
	loop
	set __x=;
	
	//変数の個数をスペースの個数を基に数える
	let __nVar = len('$(__vars)') - len(Replace('$(__vars)', ' ', '')) + 1 ;

	//処理用の各種文章
	let __s1 = '';
	let __s2 = '';
	let __s3 = '';
	let __s4 = '';
	
	for __i=1 to $(__nVar)
		let __v = SubField('$(__vars)', ' ', $(__i));
		let __s1 = '$(__s1), if(IsNull($(__v)), 0, $(__v)) as __$(__v)'	; //欠損値をゼロに埋めるための文章
		let __s2 = '$(__s2), $(__v)' 									; //ドロップ用
		let __s3 = '$(__s3), __$(__v) as $(__v)'						; //一時名から元の名前にリネーム用の文章
		let __s4 = '$(__s4), __$(__v)' 									; //ドロップ用
	next __i
	set __v=;
	
	//最初の不要なカンマを取る
	for __i=1 to 4
		let __s$(__i) = mid('$(__s$(__i))', 2) ;
	next __i
	set __i=; set __nVar=;
		
	//欠損ゼロ埋め
	__temp: NoConcatenate
		load		*
				  , $(__s1)
		Resident	$(__tbl)
	;
	drop table $(__tbl);
	//元の変数削除
	drop Fields $(__s2) from __temp ;
	//リネームして変数名を戻す
	$(__tbl): NoConcatenate
		load		*
				  , $(__s3)
		Resident	__temp
	;
	drop table __temp ;
	drop Fields $(__s4) from $(__tbl) ;
	
	set __s1=; set __s2=; set __s3=; set __s4=;
end sub

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA