本革コピー用紙バインダー(メモ帳代わり)

最近パソコンでメモを書く(入力する)ケースが多くなり、手帳は持ち歩かなくなった。

でも、たまに紙に書くこともある。例えば上司に「ちょっといい?」と突然呼ばれたとき。わざわざパソコンを持っていくのもおっくうだけど、手ぶらもよろしくない。で、その辺に転がってる紙を持って行く。

そんな人向けの「A4コピー用紙バインダー(メモ帳代わり)」を革で作りました。

単にA4コピー用紙を挟むだけの、いたってシンプルな作品です。

革はトスカーナというイタリアの革で、きれいなシボが入っているオイル多めの柔らかい革です。1デシ230円。た、たかい・・・

実は今度退職する人がいて、その人のプレゼントにと作成しました。プレゼントだけに、コバはすさまじく磨きました♪

もらってくれる人、喜んでくれることを祈りつつ、コバ磨きまくりました。

作り方

  • 315×228で革を切り出す
    – 315=297+10+3*2(縫いしろ)+1(切り落とし)*2)
    – 228=210+10+3*2+1*2
    ⁻ 厚さは1.6mmを使いました
  • 305×218でボンテックス(型紙)を切り出す
  • 革の裏側に、5mmで線を引く(ボンテックスを貼る際のガイド)
  • 革・ボンテックスにゴムのりを全体に塗る
    (端だけ糊付けすると革がたわむので全体に糊付け。
     貼る範囲が広いのでゴムのりがGood)
  • 革とボンテックスを貼り合わせる
  • 本体の、紙留めを貼る部分をけがいて、紙留めを貼る
    (紙留めのサイズは適当です。いい塩梅で♪)
  • 面取りをして、ひたすらコバを磨く
    (糸が汚れるのがいやで、僕は先にコバを磨きます)
  • 3mmで縫い合せる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA